自信が持てない人に知ってほしい6つ対処法

   

1.褒めてもらう

自信がないあなたは普段、褒められ慣れていないのかもしれません。

誰かに褒められることで、自分の存在を認識できるようになります。

あなたが思っている以上に、頼りにされていることに気づくことができます。

 

2.成功体験を積み重ねる

どんなに小さなことでもいいので、毎日やっていることを思い出してみてください。

来る日も、来る日も続けることができているのは、何事にもおこたらない才能に違いありません。

3.  自分を過大評価する

「ちょっと」や「そっと」失敗しただけで落ち込んでいませんか?あなたはやってしまったと思っていても、誰にでも失敗はあるものです。

こんなところでくすぶってる場合じゃねぇ!やればできるんだということを周りに、いやこの世のすべての人間に、見せつけてやりましょう!

4.胸を張って歩く

自信がないからって、背中が丸まっていませんか?

思いついたときに、背筋を伸ばしましょう。視線が上がって見える景色も変わりますし、頼りがいがあるように見えて、素敵な人に声をかけられるかもしれません。

5.行動を一貫させる

なんかあの人カッコイイ!

そんな人は、こころの中に常に志を持っています。

ブレない振る舞い・態度を保つには、行動に筋が通っていなければなりません。

人から信頼されやすくなることにもつながります。

信頼できる人には、人が寄ってきます。

慕われているという認識で、自分を見る目が見違えるように変わっていることに気づくでしょう。

6.身だしなみを整える

みすぼらしい姿で鏡に映っている情景を、頭の中で描いてみてください。

そこに立っているのは本当のあなたではありません。

病は気から…自信は容姿から! そんな人も少なからずいるはずです。僕がそうでした。

ここで、最後にもう一歩ステップアップしましょう!!

①眉毛を整える

最近は、眉活という言葉もあるように、眉毛を整えることで第一印象が ぐるりと一周変わります。

キリッといった印象を与えるためにも、目力から磨いていきましょう

②鼻を高くする

外国人のツンとした鼻は自信がある現れだと思いませんか?

私が実践して効果のあった「鼻たたき」という方法をお教えします。

方法はすごく簡単!

目と目の間の一番引っ込んでいる部分を200回

その1~3cm下を往復しながら400回たたきます。

たたく強さは、始めは弱く、鼻が高くなったと感じてきたら強めに。

親指の関節を曲げてトントンとリズミカルにたたいてください。

頻度は、2日に1回です。

最後に

これであなたも、生まれ変わっちゃうかも!?

行動を起こす前に、写真やメモなどに記録を残しておくと、変化がわかりやすくてオススメです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 - 未分類