やりたくないのが普通

   

あなたはもし、10億円もらえると言われたらどうしますか?

たいていの人は今している仕事やアルバイトを辞めると思います。

僕だって大学辞めます。

それはなぜか?

そう!すべてはお金の為だから!

最初の質問を聞いて、それでも辞めないと言った人は、今の環境にやりがいを感じているに違いありません。

でも、すべての人がそうとは限りません。

やりたいことがまだ無い!

っていう人の方が多いんじゃないかな。

それは、僕もあなたも同じ。

将来のことを考えれば誰だって不安になる。

じゃあ、どうするかってことです。

家に帰って、寝てみる

そこで提案なのが、家に帰って寝てみることです。

寝られないって人は、その寝られない理由を考えて!(やらなければならないこと以外)

その後起きるにしろ、起きないにしろ、寝る前後にやりたいと思ったことがあなたの正直な気持ちです。

寝られなかったら、心残りの中に、やっておけばよかったって後悔があるんじゃない?

それが、あなたの今一番やりたいことかもしれません。

何もやりたくないときは、やらなくていい

これです。

ここが一番重要で、人間には容量がありますから、全部やりたいと思っても出来ることと出来ないことがあります。

むしろそんなときは、やらなきゃいけないことを減らすべき。

頼りたいときは頼る。

頼れないときは、その任務を投げ捨てちゃいましょう

一人で抱え込んでることなんて、どうせ大したことないし、細かいこと。

一人で考えて分からないことは、いつまでたっても分からないもの。

考えるのは、規模の大きさにもよりますが、10分~1時間まで

そして、やれないことじゃなくて、やれることだけを考えてみて!

何もやりたくないのは月3~4日

日本の教育では、皆と同じことをするのが良いこととされています。

でも、皆同じことをやってて社会が回るはずがありません。

どっかに辛いことをしていて、どこかには楽な思いをしている人がいます。

アイデア一つでお金持ちになることも可能です。

日常に目を向けて、新たな発見を見つけてみては?

 - 未分類