お金のかからない通学方法 自転車通学!

   

春です。

春といえば、新生活の春、心機一転の春、新しいことに挑戦する春。

ただ、新しいことばかりに目が行きがちで、現状満足していないことには、目を背けがち。

そんなあなたに提案するのが、チャリ通もとい、自転車通学。

ここには、新生活でいろいろ忙しいにもかかわらず、他にやることがあるにもかかわらず、それでもやっぱり自転車通学してみたい一人の野郎による、自転車の基礎知識を詰め込んだ、内容となっております。

「そんな前置きはいいから、さっさと始めろや!あん!?はよやらにゃあ、

奥歯ガタガタいわせたるぞ!」

といった方にも分かりやすい説明に仕上がっていると思います。

それでは、ドンミスイット。

1、まず行く

とりあえず行きたいところまで行く。

で、そん時、まだ保険に入っていないので、できるだけ慎重に、なおかつ、予定している時間内に着くよう心がけましょう。

道を知らないのなら、一度バスで行ってみたり、車で連れて行ってもらうのもいいですね。

 準備編

一回行ってみると、「行けそう」だとか、「思ったより時間かかっちゃったな」、なんて感覚があると思います。

その意識を忘れないうちに、チャッチャと必要なものを準備しちゃいましょう

ハイスピードで紹介するぜ!ついてこい!

帽子と日焼け止め

お肌の大敵、サンサン太陽さんから、目と皮膚を守ってくれます。

「ちょっとの距離だからいいでしょ」

って思ったそこのコンタクトしてるあなた!←当てずっぽうだけど、眼鏡じゃない人はだいたい付けてる。

直射日光でなくても、太陽が雲に隠れていても、あいつは紫外線を放っているぞ!

失明する原因の、緑内障や、白内障になるかもしれないんだぞ!

さあ、今すぐ帽子を着用。

日焼け止めも忘れるんじゃないぞ!

タオル

体びしょびしょのまま、授業をするのが嫌だったら、タオルを持っていきましょう。

タオルはかさばるので、あまり分厚くなく、大きさも小さめのものにしたらいいかも。

カッコイイものは、オサレなアイテムとしても使えます。

片手にタオル、片手を腰に当てて、クールな爽やかキャラを演出!

終わりに

ここで取り上げた者はまだ一部で、コレいぃなと思ったものがあれば、また、紹介していきます。

それでは、ありがとうございました!

 

 

 - 未分類