通学にランニングを取り入れたら効果がすごかった

   

人生に行き詰まったら走り出せばいい、といっても過言ではない。

今回は、毎日通学にランニングを取り入れている僕の、得られているメリットを挙げていきます。

1 何もかも忘れられる

走っているときは、景色が目まぐるしく変わります。

やらなきゃいけない課題も、ちょっと片隅に置いておいて、一旦ごちゃごちゃになった頭を、整理することも大切です。

2 風を切る爽快感

3 終わった後の達成感

だいたい何をするにしても達成感を得るには、時間がかかるものですが、ランニングはそれを、一瞬で可能にしてくれます。

4 時間を有効活用したなという充実感

ランニングは自転車や車にはない適度なスピードを与えてくれます。

それは、自分で決めたコースや、どこをどう通ればいいかを頭で考えるようになることで脳を動かすことになり、行動力が身に付くこともある。

5 過行く人の人生を見られる

もれなく、人間観察が得意になるでしょうw

6 気持ちいい疲労感

いつもとは違う、精神的な疲労じゃなくて、肉体的な疲労がくるよ!

7 準備体操の時の昂ぶり

あれはそう、体育の時に女子の前でかっこつけようと意気込む、男子のよう~

女子「男子ってほんとバカ」

8 いつもより軽い足

運動しないと、昔の僕みたいに小さな段差でもつまずくことになります。

筋肉年齢が10代にして70代並み!?

9 日常の喧騒からの解放

本当に人間って固まるとうるさいですよね。

一人になったら静かなのに。

まあ、一人でいるのにうるさかったら、それは、相当ひどい独り言が無意識に出ているかもしれません。

独り言が大きいのに、発表の声は小さいクラスメイトがいました。

<呼んだ?

10 歩いてる人を追い抜く充実感

追い抜いた子が、かわいい女の子だったらラッキー!

11 やる気がでる

12 毎日続けると忍耐力が出てくる。

忍耐力も大事ですが、思ったことは周りを気にせず、声高らかに、逆に相手をひるませるぐらいに大きな声で!!

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

まだ、この記事は続くかもしれません。

 - 未分類